ブログ

ブログ

ジムでダイエットを成功させるためのコツとは

2021/06/25
ボディメイク




お世話になります。


京都・宇治パーソナルトレーニングジム「Co-Athletes」です。


ダイエットを成功させるために重要なのは、食事制限に加えて「運動」「トレーニング」になります。


実際、その運動の重要性に気がついて「ジム」に通い始めるフィットネス人口はここ最近右肩上がりに増えているようです。


現に「ジム」に通う事で運動習慣がついたという人は少なくありません。


とはいえ、運動経験が浅い人やそもそも運動をしたことがない人からすればジムに行ってもどのような運動、トレーニングをすれば良いのかわからないはずです。


また、ただなんとなくジムに通い、なんとなく運動しているだけではその効果を高めダイエットを成功させることはできません。


そこで今回はジムに通いダイエットを成功させるためのコツについて、解説していこうと思います。



何より重要なのは運動頻度




まずダイエットを成功させる上で、何より重要なのは


「ジムに通う頻度」


です。


例えば、今の現状の体を変えていくのがダイエットだと思いますが、その現状を変えていくためには1週間のうちにそれなりの頻度、ジムに通う必要があります。


そう考えた場合、週に一回の頻度ではなかなか成果はでないわけです。


健康維持のためなら週に1回程度でも良いですが、ダイエットとなると少し頻度が足りません。


ですので、ダイエットをより成功に導くためには


「週に2〜3回程度の頻度で通う」


のが理想となります。


もちろん、毎日通えるのならそれが良いですが実際問題、その頻度を継続させるのは難しいはずです。


継続できなくなれば、ダイエットを成功できませんので週2〜3回がベストだと言えるでしょう。




ジムでできるダイエットを成功させやすいトレーニングメニューとは




ダイエットを成功させるために、ジムに通う最大のメリットは「筋トレ(無酸素運動)」と「有酸素運動」の両方が行える点にあります。


ダイエットの効果を最大化しようと思うのであれば、この筋トレと有酸素運動をバランス良くやっていく必要があるんです。


それでは次に、この筋トレと有酸素運動の順番について解説していきます。




最初は準備運動から




ジムと聞くと、いきなりガシガシマシンを使って筋トレするイメージを持たれる人が多いですがまず最初は軽い有酸素運動を行い、体の血流を高めて筋肉をほぐしていきます。


血流を高める事で、運動中のケガを予防できますし、筋肉を最大限使ってトレーニングをすることできます。


そういう意味で最初は軽い有酸素運動であるウォーキングやランニングやエアロバイクを行いましょう。


時間的には5〜10分程度で構いません。





シェイプアップしたい場所、鍛えたい場所の筋肉を刺激する筋トレ




それでは準備運動が終わったり、いよいよ筋トレに入っていきます。


ジムによってあるマシンなどは違いますが、全身の筋肉を鍛えられる器具はどこでも揃っているはずです。


そして、自分が引き締めたい部分の筋肉が鍛えられるマシンを使っていきましょう。


例えば背中なら「ラットプルダウン」、胸筋であれば「チェストプレス」、腹筋であれば「アブドミナルクランチ」、脚であれば「レッグプレス」や「レッグエクステンション」など。


要は色々なマシンがありますので、自分が引き締めたい場所に合わせて適切なメニューを行っていってください。


初心者の人であれば、マシンの使い方がわからなかったり、どのような種目をどの様な順番で何回すれば良いのかわからなかったり、そもそものやり方が間違っていて怪我などをしてしまう危険性もあります。


ですので、最初のうちはジムに常駐しているインストラクターさんにマシンの使い方やどの様な目的でジムに通っているのか、それを達成するための必要なトレーニングを教えてもらうようにしましょう。


我流で進めて行くのが一番非効率で危険なのは間違いありません。




締めに有酸素運動で脂肪を燃焼する




筋肉にしっかりと刺激が入った筋トレができれば、成長ホルモンが分泌されます。


成長ホルモンとは端的に言えば、筋肉や骨、皮膚を強くするホルモンです。


そして、この成長ホルモンがしっかり分泌されることによって血糖値が上がり、血糖値が上がると体脂肪が分解されやすくなります。


つまり、筋トレをしっかり行ったのちに有酸素運動をすることは脂肪を燃焼するという点においては非常に効果的な手法なのです。


具体的な方法としては、ランニングマシンを使ってのランニングやウォーキングあるいはエアロバイクなど。


時間としての目安は最低30分以上は行うようにしましょう。


運動強度に関しては、ランニング、エアロバイク、ウォーキングの順番になりますので体の調子や目的によって種目を選択してください。


また、有酸素運動をしっかりしているのに体重や脂肪が思う様に減らなければ、そもそもの筋肉量が足らず基礎代謝が低い場合があります。


その場合は、筋トレの強度を増やす必要があるのでその辺りはジムのインストラクターに相談してみましょう。




ジムに通う場合に絶対に気をつけなければいけないこと




ジムに通うことで運動不足が解消されたり、筋トレによって筋肉がついてくることは体にとって非常に大きなプラスになるのは間違いありません。


しかし、だからこそよりその効果を伸ばしていくために適切かつ正しいやり方で運動を行っていくことが重要になります。


ですので、週に2回以上ジムに通っているのにイマイチ効果を実感できない場合は、一度自分のトレーニング見つめ直すべきでしょう。


正しいやり方でトレーニングをすれば、必ず体になんらかの変化は起こってくるはずです。




ダイエットを成功させるには運動も大切ですが、食事も大切です




ダイエットを成功させるためには、運動や筋トレが重要だとお話ししました。


ただ、運動と同様にダイエットを成功させるために重要なのが食事になります。


食事に関する、詳しい摂取方法などはネット情報では怪しいものもありますので、ジムのインストラクターやパーソナルトレーナーといった専門家に聞くようにしましょう。




より確実にダイエットを成功させるためにパーソナルトレーニングに通うのもあり





運動経験がない方や初めてトレーニングをされる方、あるいは短期間で成果を出したい方や一人でトレーニングをしていてイマイチ成果がでない方は「パーソナルトレーニングジム」に足を運ばれるの一つの方法です。


パーソナルトレーニングジムとは、トレーナーとマンツーマンでトレーニングを行う個別指導のジムになります。


パーソナルトレーニングのメリットは、プロのトレーナーがあなたの体に最も適したトレーニングメニューを組んでくれてなおかつ、時間一杯あなただけを指導してくれる点です。


また、トレーナーがしっかりサポートしてくださるのでモチベーションが下がって継続できず挫折する可能性は低くなるでしょう。


また、パーソナルトレーニングジムの大半はトレーニングだけでなく、食事指導や生活習慣などトータルにあなたをサポートしてくれます。


だからこそ、より高い確率でダイエットを成功する事ができるのです。


またパーソナルトレーニングジムは一般的なジムと比べて、入会金や利用料が高いケースが大半です。


ですが、それだけ体に関する専門家であるプロのトレーナーからのマンツーマン指導が受けられる、かつ短期間で確実に成果を出せる点を考えると、適正な価格だと思います。


また、人が多い大手のフィットネスクラブなどは、自分が使いたいトレーニングマシンが誰かに使われていて空いていないことがあります。


例えば、準備運動が終わりさぁこれからという時に、あなたが使いたいマシンやフリーウエイトの場所が空いていなければどうでしょう?


おそらく、ストレスや待ち時間などが増えてトレーニング効率はどんどん下がってくるはずです。


しかし、パーソナルトレーニングジムではそういったことになる危険性はありません。


あなたに必要なトレーニングができるマシンを使いたい時に使え、プロのトレーナーの指導のもと、最も効果の出るやり方でトレーニングを行っていく事ができるのがパーソナルトレーニングの魅力なのです。


自分一人でしっかりトレーニングができるか不安な方、運動経験がない方、ダイエットが成功するか不安な方、あるいは短期間で確実に成功させなければいけない人などは是非一度、パーソナルトレーニングを検討してみてください。






さぁ、ジムに通ってダイエットを成功させましょう!




ここまでご覧頂きありがとうございました!


結論的に言えば、ダイエットは


食事制限(摂取カロリーと消費カロリーのバランス)+運動


をしっかりすることで必ず成功します。


適切な量の栄養を摂取し、適切な量の運動を行いカロリーを消費する。


極論を言えば、これができれば良いわけです。


ですので、これまでダイエットに成功できなかった人はその辺りを見直す。


あるいは、これを機にジムに通うようにしてみてください。


また、もし一人で行う食事制限や運動に不安を感じるのなら、一度私たちが運営するパーソナルトレーニングジム「Co-Athletes」にいらして、私たちのメソッドを体験してみてください。


きっとご期待にお答えできるはずです。




カテゴリー- CATEGORY -
治療
野球
ボディメイク
アーカイブ- ARCHIVE -
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03