ブログ

ブログ

ダイエットより尻トレをしよう!ヒップアップのやばい効果。痩せるではなく鍛える

2021/06/05
ボディメイク




お世話になります。


京都・宇治パーソナルトレーニングジム「Co-Athletes」です。


ここ最近、日本にもフィットネス文化が浸透し始めてトレーニングジムに通う人、パーソナルトレーニングを受ける方が増えています。


女性も男性も含めて、ただダイエットするだけでなくトレーニングによって筋肉をつけることで綺麗に痩せる、健康的に痩せる事が定着しつつあるんです。


男性であれば逆三角形の体。


女性であればS字ラインが出る体。


トレーニングによってそんな体を目指される方が増えているんですね。


また、女性であればやはり「お尻」のトレーニングにハマる人は非常に多い傾向にあります。


現に、「美尻」専門のパーソナルジムがあるぐらいですので。


お尻という部位は、バストや身長などと違い努力によっていくらでも魅力的に作りあげていくことができる部位です。


しかし、努力によって魅力的に作り変えられる部位ですが、他の筋肉同様、努力をしなければどんどん衰えていく部位であるのも間違いありません。


現に、女性であれば出産や運動不足、デスクワークなどでお尻の筋肉がなくなることでお悩みの方は少なくありません。


あるいは単純にお尻に自信がない方。


お尻のお肉が垂れてしまっていたり、ボリュームがなく平たい形になってしまっていたり。


あるいは、丸く大きいのではなくガシッと大きくなってしまっている。


などなど。


お尻の悩みは色々とあるでしょう。


もちろん、服などで隠してしまえばいいのかもしれません。


ただ、それでは根本的な解決になりませんし、自分自身の体に自信を持つことはできません。


しかし、先ほども言いましたが「お尻」という部分は努力次第(トレーニング)でいくらでも綺麗に作り上げることができます。


現に私たちが運営する「Co-Athletes」には、お尻のトレーニングエクササイズは人気メニューの一つなのですが1ヶ月から2ヶ月程度のトレーニングで、ヒップアップされる方は非常に多いです。


また、お尻を鍛える事のメリットは物凄くたくさんあります。


綺麗なヒップラインになるのはもちろん、スタイルアップ(美脚効果、脚長効果)ウエストのシェイプアップ効果など多岐に渡ります。


また、見た目が良くなることはもちろん冷え性の改善や、基礎代謝が良くなるなど健康面でのメリットもあるんですね。


とは言え、そういうお尻を作っていくためには適切な方法を実践する事が重要になります。



そこで本日は、お尻を鍛えるメリットや自分でできる効果が出やすい「尻トレ」を解説していきたいと思います。


美尻を作りたい人はもちろん、最近お尻の筋肉がなくなってきたという人も是非参考にして頂ければ幸いです。




ヒップアップする事で得られるメリット




ヒップアップをするための「尻トレ」(トレーニング)を行う事によって手にできるメリットはたくさんあります。


トレーニングを積んで行けば、魅力的で美しいヒップラインが手に入ります。


あるいはやり方次第では、ウエストを絞ったままボリュームのあるヒップを作り上げる事も可能です。


また、体にもたらす健康的な面でもその効果はたくさん挙げられます。




お尻がシェイプアップすれば、脚長効果とスタイルアップ効果が得られる




女性に限らずスタイルの良し悪しを見極める一つの特徴として各パーツの「メリハリ」というものがあります。


男性あれば逆三角形が特徴的で女性であれば「S字ライン」ですね。


そこで重要になってくるのがお尻にある「大臀筋」という筋肉になります。






大臀筋はお尻全体についている筋肉で、ここをしっかり鍛える事で足とお尻の境目がはっきりとわかる様になりメリハリがでてくるわけです。


またトレーニング強度によって、メリハリ具合は変わってきます。


ヒップアップよりどちらかというとスタイルアップをして、脚長効果を狙っていきたいのなら引き締めを意識したトレーニングをしていきます。


逆に、メリハリをしっかり出してS字ラインを作っていきたい場合は引き締めるというよりボリュームアップを目指したトレーニングをする必要があるわけです。



いずれにしても大臀筋をしっかり鍛える事で、横から見た際のシルエットが美しくなるのは間違いありません。




キュッと上がった丸いお尻を作れる




横から見たS字ラインを作る際に重要なのは、足とお尻の境目からお尻の上まで縦にある「大臀筋」ですが後ろから見た際の綺麗なヒップラインを作るために重要なのが「中臀筋」になります。


中臀筋は、先ほどの大臀筋と違いお尻の横の方にある筋肉でして、いわゆる「エクボ」の場所に当たる筋肉です。







ここの筋肉を鍛える事で丸いお尻を作りあげる事ができるんですね。


また、この中臀筋が鍛えられる事でウエストからお尻にかけてのメリハリができるためウエストがしっかり引き締まって見える様になります。


これはスタイルアップに非常に重要で、仮にウエストが細くてもお尻との差がなければある意味で寸胴体型に見えてしまいかねません。


仮に、ウエストをそこまで絞らなくてもお尻とのメリハリがあればくびれができますのでスタイルアップには効果的なのです。


中臀筋を鍛えることのメリットとは、スタイルアップだけではありません。


中臀筋は片足になった時にバランスが良くなる筋肉でもありますので、歩く姿勢や普段片足でなる場面での安定感が良くなります。


日常のバランスや安定感も増すはずです。




基礎代謝が高まる



お尻の筋肉である「大臀筋」「中臀筋」は体全体の筋肉でも大きな筋肉です。


当然、大きな筋肉を鍛えて、筋肉量を増やせばそれだけの機能が向上するので基礎代謝がアップします。


ですので、仮に10キロウォーキングしたとしてもお尻の筋肉量が多い人と少ない人とでは消費カロリーが変わってくるわけです。


また、お尻の筋肉量が増えてくれば日常生活の中での消費カロリーも増えていくでしょう。




ヒップアップのための「尻トレ」を成功させるためのポイントは




ヒップアップのための「尻トレ」を効率良く成功させるためには、押さえるべきポイントを押さえる必要があります。


ここでは、そのポイントをいくつかピックアップしてお伝えします。





大臀筋、中臀筋にしっかりと刺激を入れる



お尻は大きく分けて「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」と三つの筋肉で構成されています。


ただ、ヒップアップに重要な筋肉は

・大臀筋
・中臀筋

になります。


これらの筋肉をただ闇雲に鍛えるのではなく、刺激の入れ方やトレーニングメニューをきちんと調整していきましょう。


正しいアプローチができれば魅力的かつ綺麗なヒップラインが仕上がっていくはずです。




脚にもしっかり刺激を入れる




美しいスタイルアップ、ヒップアップを目指すのであればお尻だけでなく、脚の筋肉も鍛える必要があります。


特に太ももの裏側であるハムストリングスを鍛えていくのは重要です。


お尻だけではなく、脚もしっかり鍛え引き締める事でより綺麗な下半身のラインが出来上がります。




股関節や骨盤の調整をする




お尻の筋肉のしっかり鍛えるには、お尻の筋肉を柔軟性を高めたり、骨盤の歪みの調整をして目一杯使えるようにしなければいけません。


可動域をしっかり使えるからこそ、最大限お尻の筋肉を鍛えていくことでき最大限の可動域で鍛えるからこそ綺麗なヒップラインができるのです。


逆に、この調整が不十分でお尻の筋肉がしっかり使えない状態でトレーニングに入ってしまうとついて欲しくない部分に筋肉がついてバランスの悪いヒップラインになってしまいます。


そういう意味でも、お尻や脚は鍛えるだけでなくストレッチなどの調整をする必要があるのです。


また、骨盤の歪みを放置したままトレーニングするとバランスの悪い体になってしまう可能性があります。




ヒップアップに効果抜群の「尻トレ」




それでは、ここから自宅やジムでできる「尻トレ」をいくつかご紹介していきます。



しっかりと継続させていくことが、美しいヒップラインを作っていくコツとも言えます。





ブルガリアンスクワット(ランジ)




ブルガリアンスクワットはお尻の大臀筋、中臀筋、体幹部のインナーマッスル、バランスなどを全般的に鍛えられるおすすめトレーニングです。


特にヒップアップを目的にしたい人には必須メニューです。


1:足を前後に広げます。(余裕のある人は後ろの足を台に乗せる)
2:息を吐きながらお尻を下げます。
3:その際、上半身を軽く前傾で股関節を軽く後ろの引きながら膝の高さまでお尻を下げます。
4:かかとで地面を押しながら元の位置まで戻します。
5:この工程を一回として、15回2〜3セットを目安に繰り返す。
6:慣れてきたら両手に重りを持った状態で行います。







スクワット




スクワットは、大臀筋、中臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスを同時に鍛える事が可能なトレーニングです。


下半身の主要筋群を全て鍛えられるため、キングオブトレーニングと呼ばれています。



1:足を肩幅ぐらいに広げて立ちます。軽く胸を張ります。そして爪先を軽く外に向けます。手は胸の前で組みましょう。
2:お尻を下ろす際、お尻を後ろに突き出す様にかつ膝が爪先よりも前に出ない様にします。胸を軽く張ったまま目線は斜め上の方向を向きます。
3:その姿勢をキープしたまま、お尻が膝の高さぐらいになるまで降ろしてきます。落ろした時にお尻から太ももの裏が伸ばされている感じがでればOKです。
4:ゆっくり元と位置まで戻していきます。
5:ここまでの工程を一回とし、15回2〜3セットを目安に繰り返す。







まとめ



ヒップラインは綺麗にダイエットしたり、ボディメイクを行っていく上で非常に重要な部位です。


ヒップアップで脚長効果を狙ったり、ボリュームを出してS字ラインを作ったりとお尻を鍛える事でメリハリのある体を作っていけます。


実際、ここ最近では美尻作り専門のパーソナルジムが流行ってきているぐらい、日本もお尻を鍛えていく文化が徐々に定着しつつあるぐらいです。


欧米などでは、バストよりお尻に磨きをかけてボディメイクをする人の割合の方が多くなっているようです。


何より、お尻はバストや身長と違い自分の努力で次第でいくらでも魅力的にしていける部位なので、ボディメイクを成功させたい人はやらない手はありません。


また、お尻を鍛えるメリットはボディメイクやダイエットにとどまらず、健康面でも非常に大きなメリットがあります。


Co-Athletesでは、ヒップアップや美尻トレはもちろんのこと、お客様のニーズに合わせた様々なプログラムをご用意しています。


これまで運動をした事がない方はもちろん、トレーニング初心者から上級者まで指導歴10年以上のトレーナーがしっかりサポートさせて頂きます。


あなたもプロのトレーナー指導の元、理想のヒップラインを手に入れてみませんか?


現在、体験レッスンキャンペーンも行っておりますので、是非一度ご検討してみてください。






カテゴリー- CATEGORY -
治療
野球
ボディメイク
アーカイブ- ARCHIVE -
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03